ドンドコ自転車ブログ

自転車に乗るの飽きた!もう乗りたくない!
でもご飯いっぱい食べたいから乗る…。
そんなヤツの行動記録です。

(ネタ)それでも徒歩より速いですよっ(パクった)

長い時間乗っていると、いろんな事を考える時間ができる。

ふと思い出した。

ギアはいつ変える?どのタイミング?


はい、ランキングトップの方のネタですねw

トップの方のネタは素朴であればあるほど

自転車始めましたー!って方の為になります

いいぞ、もっとやれー。



コメント見てると ”サイコン” がでてきますが

必死になってると見てる暇はありません、見てると危ないです。

見るな感じろ!これじゃダメなんですよねw

考えました、自分はどーしてるのか?

サイコンも見ません、無くても良いです。


・頂上が見える小さな坂

座って登る→坂に入った瞬間(瞬間がカッコイイ気がするw)

ギアを2つ軽くする、回転で登ります。

上り終わったら、1つ重くする、一息ついたらもう一つ重くする。

これで登る前と同じギアですね。


立って登る→坂に入った瞬間(瞬間がカッコイ…w)

ギアを2つ重くして一気に登りましょう。

上り終わったらギアを1つ軽くする、座ったらもう1つ軽くする。

これで上る前と同じ状況ですね。


どちらでも一緒です、好きな方をやってみてね。



・先の見えない長い坂

もう思い切って登る前から一番軽いギアにしましょう。インナーローに。

一番軽いのですからもう後がないです。無理せずに登りましょう。


軽すぎて疲れるぅぅ、って方は重くしてよいですか?いえ、やめてください。

どーせ辛くなって途中で軽くしますから。

平地でのスピードの気持ちよさに慣れていますから、

坂道の10km台は苦痛に感じるでしょう。…それでも徒歩より速いですよ。

途中、勾配がラクになってもギアはそのままで。

勾配がラクだからギアを上げる(重くする)ってゆー方は、

もう自分のやり方ができてる人です。もうこの記事を見る必要はありませんw

ちょっとの下りがあるなら脚止めちゃえばw僕はそ〜してる。


アウターローで登るのはやめましょう。

辛いと思ってインナーに変えた瞬間…チェーンが落ちる危険があります。



・先の見えない下り坂

1段づつ重くして行きましょう。

一気にアウタートップに入れるような

スピード狂さんはもう自分に酔ってていーですよw


下りだからといっても脚を止めない方がよいです、空転でよいです。

回してる方が安定した走りができます。

どこまで重くするか?平地を走っている時と同じくらいで良いんじゃないかな。

回してても案外スピードは出ていません。体感速度は60kmでも

サイコン見たら40km前後ってことはよくあります。


これを踏まえて ”下りのスピードを利用して登りたい!” を。

…書き始めたら難しいね、あなたはいつもどのギアを使っているのですか?

それによってまた変わるだろw まぁいっか、どーせ、下りはアウターに入ってるよね。


アウタートップじゃない人

そのままのスピードで上りに突入→インナーに入れる。

重く感じる…感じろじゃないんだよねw

んー、登り始めて5回くらい踏んだら1つ軽くするのかな。

インナーロー(一番軽いギア)まで来たら後は我慢。


アウタートップ(一番重いギア)からの上りは

そのままのスピード維持、辛くなってきたらアウターのまま1段づつ軽くする。

5枚くらい軽くしたら、インナーに。

あとは一緒です。


こんなもんです。

ようはペダルが重く感じたら軽くしていく、

登りきったら1枚づつ重くしていくことですね。

脚に無理させるのはインナーローになったときですw



アウターに入れるタイミングは

後ろのギア、上から5枚目以降を使うとき。

アウターにいれたら後ろは1つ軽くして様子をみましょう。


インナーに入れるタイミングは

後ろのギア、上から4枚目以上を使うとき。

インナーに変えたら後ろは1つ重くして様子をみましょう。



これが僕のやりかた。

できる限り急に回転数と速度が変わらないようにしてるつもりです。

この記事踏まえて自分の楽なやり方を見つけてください。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。